代表挨拶

 

ぺパーソンインターナショナル株式会社

代表取締役

神谷哲郎  

→ 略歴  

→ 写真でみる歩み(神谷哲郎) 

真ん中はアメリカンスクール在学中の息子です。(2008年 カイロにて)
真ん中はアメリカンスクール在学中の息子です。(2008年 カイロにて)

 

国際社会とのつながり・社会が求めるグローバル人材の育成を目指します。

 

 グローバル人材の育成は教科書やコンピューターから溢れる情報を得るだけでは成し得ません。

 何が必要なのか。私は、リアルな体験だと思っています。自分とは違う考えやバックグラウンドを持つ人の話を聞く体験、知らない土地を知る体験、異文化に身を置く体験、初めて会う人や異年齢の人に自分の考えを伝える経験などが考えられます。

 PEPerson Kids&Youths では、子ども達の成長を踏まえて、日々の学び/リアルな体験の場を積極的に提供していきます。

 PEPersonで多くの時間を過ごした子ども達が中学校を卒業するとき、(1)73億人が暮らす地球号の一員としての意識を持ち、そして、(2)日本人として個人として自分自身を語り発信する力を身に着けてもらえれば。と考えています。

 

 また、子育て中のお父さん、お母さんが「子育ては楽しい」と感じてもらえる場の提供をしていきます。

 

 もう一つの中核事業であるコミュニティー開発。途上国を主なフィールドにINCLUSIVE DEVELOPMENTに寄与する活動に積極的に関わっていきます。

 

 これからのペパーソンインターナショナル(株)の事業展開にご期待ください。

 

コミュニティー開発をキーワードに

日本そして世界で挑戦を続ける

「PEPerson」 とはどういう意味??

 PEP(元気づける・勇気づける・活性化させる)とPerson(個としての人)を組み合わせた造語です。

 

会社の設立目的

 弊社は日本、途上国をフィールドとし以下の二つの事業を通じて地域社会の発展に寄与することを目指します。

・子育て支援事業

(1)お子さんの能力を最大限に引き出し、生きる力を育みます。

(2)家族の絆を強くする場の提供を行います。

・コミュニティー開発事業

(1)「人―企業/大学―社会」をつなぐ地域活動の活性化

(2)73億人が暮らす地球号。その一員として日本で、そして世界で

   ミレニアム開発目標達成(MDGs) 持続可能な開発目標(SDGs)に向けた政府

         開発援助(ODA)事業に参画します。

 

 

会社概要

名称:ぺパーソンインターナショナル株式会社

    (英)PEPerson International Inc.

代表者: 代表取締役 神谷 哲郎

所在地: 神奈川県相模原市緑区東橋本2-14-3

設立日: 2012年06月04日

資本金: 850万円

取扱銀行:三菱東京UFJ 楽天銀行

提携先: Japan Business Services Office, Egypt

     みんなで楽しくスクイーク

     アートツールキャラバン

     グループ「たまご」

                能古島青少年育成協会

アドバイザー :淑徳短期大学こども学科元教授 水野谷憲郎

        公益財団法人神奈川学習障害教育研究会代表 山内信重 

        筑波大学名誉教授 佐藤政良

        横浜国立大学教育人間科学部准教授   大泉義一

        作家・脚本家 竹内日出男

        作曲家 後藤加寿子

所在地

 Facebook ページには子どもたちの元気いっぱいの様子を写した写真や、子育て情報などを掲載しています。

→こちら

是非、アクセスしてください!


がくどうプラス(GAKUDO)は、相模原市の放課後児童健全育成事業を担う団体として相模原市のホームページに掲載されています。

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kosodate/

Copyrightⓒpeperson International 2014.All right reserved.Reproduction in whole or in part (unless for internal purposes) prohibited without the prior consent of the Company.

がくどうプラス・ほうかごプラス・サニーキッズファーストは商標登録をしています。 

 

 

(Macコンピューターのプレビューでは、正しく表示されない場合があります。その場合には、アクロバットリーダーでご覧ください。)